ブログを再開します。

でも単なる食ブログから自分の「こだわり」に絞り込んでいこうと思います

このブログについて

大食漢オヤジが
食は人を楽しくする。
食は人を良くする。
を信条に美味しい食、食材を日々探求し、綴っています。
その中でも特に意識しているのが、「国産」。そして「米、ごはん食文化」。
オンビジネスではプランニングディレクターとして 食のプロモーションと通して「
日本の食・食文化の継承
」という社会貢献を目指したビジネスモデルの構築をすすめています。
現在、日本の食料自給率は40%と先進国の中でもっとも低い水準にあります。 食の欧米化により、多くの食料を輸入に依存する現在、このままでは将来、日本の食料供給に支障をきたすことが懸念されています。
それと同時に米の国内消費は年々減少しており、減反政策、農家の高齢化による担い手不足により日本の風景の象徴とも言える美しい水田風景が消え、農地の荒廃化も進んでいます。
仕事柄、全国の農畜産物の生産地を訪問すると、生産者の方々の大半が自分よりも目上の方。 「美味しくて安全・安心なものを作りたい」という熱い思いを持たれている生産者の方々にお話しをうかがいながら、「こんなにすばらしい日本の食・食文化を継承していかなければ」といつも強く思っております。
米は古代からの日本の農作物であり、稲を育てる水田の美しさは日本の風景の象徴とも言えます。 そしてこの水田はお米を生産するだけでなく、大気の浄化や河川被害の防止といった多面的機能を持ち合わせています。
私たち日本人ひとりひとりが、お米、ごはん食を、国産の農作物を積極的に食べるよう意識することで、日本の美しい環境・国土の保全にもつながるのです。
後世のためにこの美しい日本を守り、そしてすばらしい日本の食・食文化を継承していくためにも、自分の綴りが一助になればとも思っております。

また最近人気のB級グルメに代表される、全国各地で出会ったその土地の食文化の紹介や、高級食材や一流レストランの紹介といったグルメなレポートではなく、自分が美味いと思った食べ物、興味を持った食べ物など食に関することアレコレを綴りたいと思っております。
時には話のネタで少し外れた食の話題も綴るかもしれません。
その際はご愛敬で。

2011年09月08日

東北をまわって思ったこと

ys1109.jpg

今回、刈り取り前の豊穣の東北を周ってきました。
黄金色に輝いた豊穣の風景はとても美しく、放射能の事さえなければ、何の問題もなく、例年のごとく、来月には美味しい新米が店頭に並んていたわけです。
しかし今年は刈り取り前予備調査、後の本調査を経て、国の定める基準値をクリアした後に店頭に並びます。
この時点で仮に僅かながら基準値以内の微量のセシウムがでたお米を消費者がどう見るかも大きなカギであると考えます。
すでに茨城の刈り取り前予備調査で52ベクレル/kgの微量のセシウム検出はマスコミでも取り上げられました。本調査では検出せずはあまりマスコミで取り上げられませんでしたが・・・。
私のようなオヤジならば基準値である玄米で200ベクレル/kgのセシウム(精米すればさらに低い)の米を食べたところで何ら問題ないでしょう。
だから個人的にはお墨付きがでた時は、東北の新米を食べて被災地を応援しようと思っています。
産地の方にもお話ししたのですが、それよりも小さな子供を持つ親を中心に比較的若い方々がどう見るかです。
ただですら信用の失墜した政府の定める基準値の信用度は極めて低いわけで、「微量だから体に害はないです。」といっても、それは国や売る側からの考えであり、小さな子供を持つ親は、できるなら避けようと思うのが当然です。
消費者の選択は体に害があるかないかはもちろんですが、結果として買うか買わないかです。
さらには、セシウム不検出の米ですら、この後、風評によって消費者に避けらることになるかもしれません。現実に古米となる22年産や西日本の米が市場で人気が高いのもそのひとつでしょう。
食べることのできるかどうかわからない、買ってもらえるかどうかわからない米をつくる生産者の方の苦悩はいくばかりかはかりしれません。
しかしながら今回、被災地以外の人間が思っている以上に、東北の皆さんが前向きだった事が非常に嬉しく思いました。
そのためにも検査結果が気になるところですが、期待も込めて大半が不検出という結果がでることを祈るばかりです。
そしてその時は、それをいかに店頭で消費者に理解してもらえるよう伝えるかがプロモーションに携わる人間としての課題だと思っております。
今日の新聞に震災の津波による被害にあい、除塩作業をした水田(ある特定の田んぼの結果ですが)の米が順調に実っているという記事がありました。
復興に取り組まれている生産者の皆さんは実に前向きです。
がんばれ東北、がんばれ日本の米をあらためて強く感じた今回の東北訪問でした。
posted by かま at 19:15| 米・穀物類

2011年06月08日

コシヒカリの産地ブランド「ぎんひめ」の生産地、三重県多気郡を訪問。

三重県の中南部に位置する多気郡明和町に行ってきた。
隣の多気町はテレビドラマ高校生レストランのモデルにもなったことでちょっとした話題だ。

多気郡は非常に広く、西は奈良県境の大台ヶ原の山間地、そして今回訪問した明和町は伊勢湾に面しており、ブランド牛でも名高い松阪と伊勢神宮のある伊勢市の中間あたり。

その大台ヶ原を源流とし、多気郡を西から東に横断して伊勢湾に流れる宮川は、国土交通省の全国一級河川水質検査で何度も1位になるほどの清流。多気郡で栽培される米は、この清流宮川と櫛田川の水で栽培される。温暖な気候で、県下でも名高い米産地のひとつ。

TAKI01.jpg

田植えもすでに終わり、一面緑。と、思いきや、いたるところ水田に隣接して黄金色。
この地は小麦も多く栽培されており、訪問した6月上旬は、水田の緑と刈り取り前の黄金色に実った小麦畑の

で、この地で栽培されるコシヒカリは、古代、天皇にかわり伊勢神宮で仕えた未婚の内親王または女王「斎宮」にちなんで名付けられたブランド米「ぎんひめ」。
銀色に輝く米という意味もあるようだ。

ginhime.jpg

この地の生産者が「美味しいお米」をと10年ほど前から、肥料に有機を使用して栽培。
毎年収穫期に地元で開催される「新米まつり」でも年間予約する人もいるほどの人気とか。

これは一度食べてみなくてはと思っていると、
「一度食べてみて。美味しいですから」とJAの担当者の方にいただきました。
もともと水分量が多く、ふっくらした北陸のコシヒカリと比べ食感が少し硬めの硬質米といわれる三重県産コシヒカリ。
コシヒカリの独特の粘りもさることながら、噛むほどに甘みを感じることができるのが特徴。
最近の米は乾燥もコンピューター管理されていることもあるんだろうけど、自分は食べて硬いと思った事はない。
でもこの噛んでいるとジュワっとくる甘みという表現はぴったりである。甘みはしっかりあるのだ。

早速帰宅後、炊いてみる。
炊きあがりは、白く輝き、実に美味しそうではないですか。
食べてみて、予想?期待どおり「甘み」がしっかりある米である。

ginhime2.jpg

東海地区では北陸と並んでコシヒカリ産地としてはポピュラーな三重県。
知る人ぞ知る、コシヒカリ生産量は西日本一なのである。
店頭表示で気づかれた人も多いと思うけれど、某有名牛丼チェーンの米飯にも使われたりしている。

ちなみに余談だけれど、コシヒカリの生産地といえば全国一位は新潟県。
次いで多いのが茨城、福島、栃木。これが東海地方の人間にはピンとこないのだけれど。
福島原発の影響で、コシヒカリ不足が予想されている今秋。
三重県産コシヒカリの市場価格も影響がでそうである。
posted by かま at 23:59| 米・穀物類

2011年05月31日

田植え真っ盛りの秋田県鹿角市へ行ってきた。5月末にこれほどの寒さを体験したのははじめて。

田植え真っ盛りの秋田県鹿角市へ行ってきた。

ここ鹿角は秋田県の県北、上は青森県、東は岩手県に隣接し、十和田八幡平国立公園などの観光地に囲まれた自然豊かな農村地。古くから美味しい米の産地としても知られている。

秋田県とはいえ、今回も青森空港から南下し、鹿角へ。

kazuno2011052.jpg


この時期の田植えは例年に比べ1週間以上遅い。

春先の低温も理由のひとつですが、田植えを遅らすことで出穂、登熟期を夏の一番暑い時期からずらすという高温障害対策でもあるのだ。

昨年の猛暑で全国的にかなりの高温障害が出ましたが、全国各地でいろいろな対策がなされているわけだ。

KAZUNO201105.jpg


鹿角の農産物栽培を語る上ではずせないのが大型養豚施設の堆肥を利用した資源循環型農業。特別栽培認定農産物は「エコにこかづの」としてブランド化されている。

今冬の秋田県下の豪雪はここ鹿角も例外ではなく、もともと奥羽山脈からの豊富な清水に恵まれた鹿角だけれど、今年はさらに豊富な雪解け水となりそうだ。




それにしても5月末というのにめちゃくちゃ寒かった。昼間の気温が10度以下とは。

その後昼ご飯にJAの方々とごちそうになった鹿角名物「ホルモン」の美味いこと。芯まで冷えた体がなんとか暖まりましたよ。
鹿角のホルモンの詳細は過去記事



青森空港から向かう途中も「がんばろう東北」が国道沿いに掲げられていた。
東北の太平洋側被災地、福島県や宮城県でも田植えが行われているようですが、今後何も問題なく無事に秋には実ってくれることを祈りたいと思います。
posted by かま at 23:59| 米・穀物類

2010年09月01日

やっと元祖に出会えた福井のソースカツ丼。

ソースカツ丼と言えば思いつくのが長野県駒ヶ根の「明治亭」。
しかし以前にも書いたけれど、福井市もソースカツ丼では有名。

その元祖と言われているのが「ヨーロッパ軒」というソースカツ丼
の店なんだけれど、やっとこのたび食べることができた。

美味いまずいは別にしてその地の名物ならば元祖の店に行かねばと
福井駅からほど近い本店に行ってきたのだ。

時間は11時30分頃。もっと混んでいるのかと思ったが、意外にも
すんなり入ることができた。

もちろん注文はスタンダードな「ソースカツ丼」。
どんぶり飯の上にウスターソースにくぐらせたロースカツが3枚。
見た目はいたってシンプル。

fukuidon.JPG

駒ヶ根の「明治亭」のソースカツ丼はカツの下にキャベツが敷いて
あったが、こちらはカツのみ。
ごはんとソースかつだけを食べるという直球勝負。

早速食べてみることに。
ウスターソースベースの秘伝のタレはウスターソース独特の
鼻にツンというとがったいい香りがする。
ソースの辛さのなかに甘み、酸味を感じる。
なかなか薫り高い美味いソース?だ。

ラードで揚げたというロースカツはカリッと揚がってベタつかない
からカツ独特のくどさはない。あっさりしている。
肉質はまあ普通というか無難な感じだ。

あっさりとシンプルだから食べたあとの
「食ったーーーー」という満足感は得られなかったなあ。
全体のボリューム、満足感は「明治亭」のほうがある。
まあ値段が850円だからこんなもんなんだろう。

4枚カツの大カツ丼にするべきだったかな。
メニューも豊富だから福井に行った時はまた立ち寄ってみたい
と思う。


posted by かま at 23:59| 肉類

2010年07月21日

夏の北海道グルメは堪能できなかった北海道出張。それでも何を食べても美味い。

北海道は作付け面積、収穫量とも全国2位の米の産地。
本州では定番の「きらら397」をはじめ「ななつぼし」、
「ほしのゆめ」、「ふっくりんこ」、「おぼろづき」、
ニューフェイスの「ゆめぴりか」など品種も豊富。
そして何より特筆すべきなのは北海道米の道内での消費がなんと
78%。10人中約8人が地元北海道の米を食べているのだ。

IMG_3534.jpg

これだけの定着率、たしかにスーパーにいっても北海道米メイン。
(他県の米を買うには非北海道人的で勇気がいりそう)
街をあるいても、地下鉄乗ってもいたるところに北海道米のPRが
目に付く。

さて、わずか2日の北海道出張。
行きは旭川着だったけれど、帰りは新千歳。

ちょうど昼飯時だったので、機内で食べる弁当を物色。
空港で美味そうなおにぎりを発見。

IMG_3548.jpg

IMG_3553.jpg

ひとつは「グルメおにぎり いくら&あきあじミックス」。
北空知産ほしのゆめを使用。
もうひとつは豚丼の肉巻きおにぎり。

IMG_3546.jpg

これどちらもおすすめ。美味い。
自分的には豚丼肉巻きおにぎりのボリューム感が気に入った。

今回の出張ではウニ丼とか美味いモノ食べたかったけれど
どちらかといえばB級もののみしか食べることができなかった。

何が一番感動したかといえば土産にいただいた当麻産の特大
「でんすけすいか」。最高でした。

IMG_0756.jpg
posted by かま at 23:59| 米・穀物類

2010年07月18日

東北出張その2 佐藤錦を「好きなだけ取っていきな」って本当にいいんですか?

山形県といえばサクランボにラフランス、ももと果物の宝庫。
今回仕事で訪問したサクランボ農家さん。

IMG_0531.jpg

いつもだと7月中旬ではサクランボの王様、佐藤錦は収穫も
終わり、畑で見ることもないんだけれど、今年は1週間から10日
ほど遅れたため、サクランボ畑にはまだ出荷前の佐藤錦が。
しかも今年は例年になく甘みが弱いということだ。

実はこんな目の前で佐藤錦が木になっているのははじめて見た。
そおっと一粒とって食べてみる。
「うまいーーーー十分甘いですよ。」
普段佐藤錦なんて食べれない貧乏人には甘さが弱いなんて
とんでもない。十分美味いですよ。

さらに農家さんから驚く発言。
「この木の佐藤錦は出荷しないから、好きなだけ箱に詰めて
持って帰っていいよ。一粒たりとも残すなよ。」

「えーーーーーーーーーーーーーーーー全部とっていいの?」

IMG_0533.jpg

仕事じゃなけりゃあ時間掛かってでもホントに一粒残らずとりたい
ところだけれど、まだ仕事残ってるし。
とにかく時間の許す限りとりまくって発砲スチールの箱に詰める。

いやあ、これ市価にしたらン万円分はあるんじゃあと思うくらい
とらしていただく。

IMG_3481.jpg

そして宅急便で自宅へ配送。
貧乏我が家の子供達は大喜び。
「おまえ達、もっと味わって食べろ。こんな機会二度とないぞ。」
一度に食べきれないほどの佐藤錦に我が家は喚起のるつぼ。

イイ体験させていただきました。
ありがとうございます。おいしくいただきました。
posted by かま at 21:00| 野菜・果物

2010年07月17日

東北出張その1 仙台でずんだが食べれなかった悲しいスケジュール。

7月の14日から17日まで東北は、岩手、宮城、山形へ出張。

このブログで何度も書いているけれど、仙台に出張すると
必ず食べるのは「ずんだ」。
ずんだもちにずんだアイス、ずんだかき氷、ずんだ水ようかん・・
しかし今回は、仙台を起点にしながらも仙台に夜遅く着いて、
早朝に仙台を出るというスケジュール。
のんびりと仙台でずんだを味わうことができず、仙台出張で
はじめて「ずんだ」を口にできなかったのだ。(泣)

IMG_3472.jpg

夕飯といえば居酒屋めしで、夏の三陸ならではの「ほや」を食す。
昨年、仙台ではじめて新鮮な「ほや」に出会い、新鮮ならではの
磯のかおりと食感を堪能。
今回は昨年ほどの鮮烈な感動もなく(たぶんさほど新鮮でない)
その分、量でカバー?。
posted by かま at 19:00| 魚介類

2010年06月25日

秋田県横手市といえば横手やきそば。3軒はしごで満喫したのだ。

秋田県横手市に出張。
秋田市から南に約1時間。秋田空港からは高速を使えば
1時間かからない。

ここ横手には過去に3回訪問。今年も2回目。
ここはなんといってもB級グルメの聖地ともいえる場所。
横手の名物「横手やきそば」は昨年のB-1グランプリでも
ゴールドグランプリを受賞しているのだ。

R0010490.jpg

過去に3回も訪問、にもかかわらず、なぜかここ横手の名物の
「横手やきそば」を一度も食べていないのだ。

今回は帰る日は午前中に仕事が終わる。
必ず横手やきそばを食べると決意しているのだ。

前日宿泊のホテルで「横手やきそばガイドマップ」も入手。
準備は万端だ。

午前11時30分、仕事を終えて横手駅前へ。
「さてどこから攻めるか?」
今日の昼飯の1回キリ。何軒もまわれるわけではない。
王道の「四天王」を攻めるしかない。
「横手やきそば」年に1度、横手やきそばの店が腕を競う
四天王決定戦を開催。
2009年の四天王4軒の中から攻めるのが、安易ながらベストの
選択のようだ。

まずは駅の目の前「食い道楽横手駅前支店」の暖簾をくぐる。
繁盛していることもあり、注文してから少し待たされる。

カウンターに座りつくっているところをじっくりと見る。
「ふーーん。中華鍋でつくるのか」
「それにしてもかなり長い時間火にかけているようだ」

10分ほど待っただろうか。
目の前に太麺で目玉焼き、福神漬けののった「横手焼きそば」が
やってきた。

P6250970.jpg

ちぢれ麺ではなくストレートの太麺でタレ(ソース)がしっかり
ついているせいか、ツルツルっとまるでスパゲティのように
口に入っていく。
焼きそばによくあるコゲ、パリパリのひっかかりもまったくない。
まさにツルツルッ、ズルズルッていう感じ。
やや甘めの濃いソースが美味い。目玉焼きの黄身をからませると
これまた最高に美味い。

あっというまにたいらげる。
ワンコイン500円支払って次の店へ。

次に駅からほど近い、四天王の店「出端屋(イデハヤ)」へ。
昼時だというのに空いている。少し拍子抜け。
注文した「横手やきそば」もすぐ出てきた。
こちらも黄身をからませて食べる。
食べやすい味だ。食い道楽より挽肉の量が多い気がした。

P6250971.jpg

まだ腹には少しだけ余裕がある。
せっかくだから四天王を離れ、元祖の店に行ってみるか。
ホテルのフロントの女性が
「元祖のお店は値段の割に量が少ないってみなさん言います」と
言っていた。
普段なら「量が少ない?とんでもない」と言うところだが
すでに2皿食べてる自分には「少ないのがちょうどいいかも」と
いうことで、「横手やきそば」の元祖「元祖神谷焼きそば屋」に
行くことにする。

ここも昼時にもかかわらず空いている。
平日は観光客もいないからこんなもんなんだろうか。
それにしてもさすがは元祖。壁には芸能人の写真やサイン、
新聞や雑誌の切り抜きがいくつも貼ってある。

店おすすめの「肉玉子野菜やきそば」650円を注文。
「肉玉子野菜やきそば」という名前だけれど中身は、挽肉、
目玉焼き、福神漬けは他店と同様。
野菜はキャベツだけかと思いきやもやし、パプリカ(赤ピーマン
かも)がはいっている。野菜タップリという感じだ。
しかし前に食べた2軒と思うと野菜も多いせいか、ツルツル感が
ない。思ったより普通の野菜やきそばという味だ。

P6250973.jpg

さすがに3軒はしごで腹ははちきれそうだ。
四天王すべてを食べ尽くしたかったけれどここで終了。

考えたら目玉焼きだけでも3個食べているわけだ。
ちょっと食い過ぎだな。
posted by かま at 23:59| 郷土料理・名物料理

2010年05月03日

青森の浅虫温泉「鶴亀屋食堂」の「マグロ丼」のあまりのボリュームにノックダウン。

自分は食べ物を残すなんてことは基本的にしない。
どうしても食べることができない苦手なものに関しては
別だけれど。
だから好きなモノを注文する外食では残すなんてことは
ありえないのだ。

だけど今回だけは違った。
がんばったんだけれど完全ノックアウトだった。

それが青森県、浅虫温泉にある「鶴亀屋食堂」の
「まぐろ丼」中盛り1600円。
大盛りじゃなくて中盛りだ。

ここの「まぐろ丼」は量が半端でないことは事前の調べで
わかっていた。
当然ながらおなかも空かしてきた。

店にはいると「魚介類の高騰により量を減らしています。」の
張り紙。
たしかに最近の気象状況で海が荒れて魚介類が値上がっている
ことは知っていた。
ここ「鶴亀屋食堂」の名物「マグロ丼」にも影響ありとは。

店員さんが「大盛りはやめたほうがいいよ。中盛りか小盛りが
いいよ」と言われ中盛りを注文。
「中盛りでしかも量が減ってるなら、なんとか完食できる
だろう。」と甘い考え。

amagurodon.jpg

そしてでてきて丼を見て ガーーーーーン。なんという量だ。
丼の上にはこれでもかとばかりのマグロの切り身。

皿に移して枚数をざっと数えてみる。40枚弱ある。
この厚みで40枚。いったい総重量はどれだけあるんだ。
とにかく食べるしかない。

1枚そして1枚とワサビと醤油をつけて食べる。
ごはんじゃなくて刺身をひたすら食べる。一向に減らない。
半分の20枚をすぎたところで箸が止まる。

満腹というのもあるが、正直刺身だけでは飽きてくるのだ。
定食についてきたみそ汁やおしんこで箸休めをする。
しかしもう限界だ。

お店の大将に「ごめんなさい。食べれません。」とお詫びする。
自分よりも体格のイイ大将が
「中盛り注文するときはよっぽど気合い入れてこなきゃ」と。
「あの貼り紙見たんでいけるかなと」と「高騰につき減量中」の
貼り紙を指さす。
「全国から大勢の人が来てくれるから、減らしたくても減らせ
ないんだよ。赤字商売だよ。」と大将。
すいません。ほんと。お持ち帰りできるならもって帰りたいよ。
(お持ち帰り禁止)

次回来たときは体調万全で再挑戦します。
ミニ丼(1000円)にしとけばよかったと後悔、陸奥湾を
眺めながら敗北の苦汁の夕暮れであった。
posted by かま at 22:17| 魚介類

2010年03月27日

フワフワがクセになる日向夏の美味さ。

P3220778.jpg

日向夏をヨメがもらってきた。

毎年、時期になるとスーパーとかで探すんだけれど、
なかなか店頭でおいてあることがない。
美味い日向夏を食べようと思うとお取り寄せか、フルーツ専門店に
行くしかない。

IMG_3308.jpg

日向夏好きの人ならご存じだけれど
何が美味いかって内果皮の白い部分が美味いのだ。
夏みかんのように繊維質ぽくなくて
フワフワしていて甘みがある。苦みもなくてさわやかな甘さ。
果汁の部分の香り、甘さと相まって、これがイイ。

季節的にはこれからが本番のようだけれど、
店頭で質のいい日向夏を買えるとラッキーなんだけれどなあ。

posted by かま at 16:02| 野菜・果物